子供の頃に、日曜日の夜7時から
「ドラエもん」を見ていた記憶があります。


朝は、ゆっくり起きて
11時から、「吉本新喜劇」 12時からは「大正テレビ寄席」
昼飯食ったら、夕方まで遊んで 16時からは、「笑点」

「サザエさん」のあとは「ドラエもん」! 声は、大山のぶ代さんじゃなかったです。
で、7時20分から NHKの「お笑いオンステージ」
その後は、「大河ドラマ」か『ナイター』ってのが
正しい日曜日の過ごし方 でした。

このあとは、時代劇タイム。 NO.1 は、やっぱり
子連れ狼
(のちに、桃太郎侍なんかが放送されました、たぶん)
で、子連れ狼の一部と二部の間に 『鬼一法眼』 というドラマの放送が…

主人公は、父母を殺され、許婚を乱暴され、自分は喉を切られて声を失い、復讐の旅に…
敵は外国人なんですわ。で、被ってる傘に、バックミラーがついてて後が見えたり
飼ってる子犬が、懐から顔を出してるのが かわいくて!

気になって調べてみましたが
「ドラエもん」も「鬼一法眼」も再放送は 難しいようです。